Servi-Car.

c0210640_21413764.jpg

みんなが待ってた中華弁当。

最近、「お昼ネタが無いですね」的な要はリクエストを多数頂き、

これはこれで個性的なネタなのだなと再認識(笑)

遠方よりご来店頂けるお客様、事前にお知らせしてもらえますと、ご用意出来ます。




c0210640_21412983.jpg

っちゅーことでEvoビッグツインのクラッチケーブルを交換してみたりする。

切れたってハナシはあまり聞きませんが、構造上劣化するとミッションオイルが漏れてしまうので、

早めの交換が吉と出ております。

写真ご覧になってお分かりですね?こちらのカバーを外さねば交換できない仕様。

もれなくガスケットとミッションオイルの交換に、マフラーの脱着なども絡んでくるのです。





c0210640_21415396.jpg

ショベルと違ァう!!

そりゃそうだ。Evolutionしてるワケですので。

釘抜きみたいな爪で、テコ使っておりゃああ!!みたいにスローアウトベアリングを痛めつける仕様から、優しく迫り出す感じに・・・。

プッシュロッドも分割され、無理なチカラを逃がすというコダワリっぷり。

クラッチのトコロの仕組みって40年以上も変わってなかったワケで、これはまさしく進化と呼べる代物なのです。






c0210640_22163681.jpg
さて、今回のスワップミートでボスが見つけた蛹(さなぎ)。

こんなに大きな蛹は久しぶりに見ますね。

暗い土の中で過ごした幼虫時代を振り返り、遂に、その時が来たようです。

今起こり得る全ての困難は、すなわち美しく変わる為。

夜が明けると同時に、それは殻を破り出ました。




c0210640_2222942.jpg

私は美しい美しいサービカー!


!!

これは珍しい!

なんとポリスです。

観察を続けてみましょう。





c0210640_2224577.jpg

こちらも珍しい品種。

Indianですね。

これもう後ろベンチみたいになっちゃってコレ。





c0210640_22311571.jpg

素晴らしい!

ナローなフロント周りでこれ一体何がしたいんでしょうか。

生息数は少ないと思われます。

80年代FXから剥ぎ取られたであろう事が伺えるフェンダーが、何故か切なさを感じさせます。





c0210640_22373369.jpg
「オ~マイガッシ。アナタこれすごいの積んでますネ」

「お客さんどーっすかコレ~」

「オッホウ!サービカー、サイコー!」




c0210640_22395682.jpg

ナイトライダーよろしく、トレーラーからラダー2枚使って着地。

サービカー、カッコイイぜ!!

あれ?

2枚?フロント、フルボトムですか?ドーン!て(笑)







c0210640_22413937.jpg

今、アメリカじゃサービカーが大ブーム!

素敵で便利なサービカーに、全米が泣いた!

まさに一家に1台。

やっとこの時代が来ました。





c0210640_22473358.jpg

オシャレで便利なサービカーをお求めの方は、

リトルウイングに問い合わせてみてね。

ちなみに「Indian サービカー」でググってみたら、なんか出てくるのがオレのブログばっかりでビビったんだ・・・。

じゃ、また明日サービカーの最新ニュースでお会いしましょう!

[PR]
by lwe31x | 2013-07-30 21:40 | Information
<< Timing? 1948y Indian Ch... >>