Good Conditions.

c0210640_21365935.jpg

おいーーーース!

なんか最近、「一度LWEで診て欲しくて・・・」という感じの成り行きで開けたら、いつもこんなんだったりするッス。

どーもこーも無く、ステムシールがイッちゃってるのでありました。

何度も何度も言いますが、これでシールだけ打ち替えてフタすりゃ、相当ガタガタじゃない限り白煙は止まります。

ガスケット換えてオイル漏れも一旦は止まり、「オーバーホール完了でぇす」と言われたら。

「おお、止まっているじゃないか」とお客様も満足。なんか調子イイ気もする。

いいのか!?それでいいのか!?

とりあえずそんなんで良ければ、バイク屋に出す必要無いッスよね。

マニュアル見ながらとりあえずご自分で組んで頂ければ、意外と走ると思います。

「やっぱプロは違うよなァ」ってのを、ご自分でヤル方にこそ体感して頂きたい。

それでこそのエンジニアリングで御座います。




c0210640_2137163.jpg
なんかのっけからアツくなっちゃってスミマセン・・・

というワケで、ナイトライダーよろしく運ばれて来た883R。

弊社提携の任意保険にご加入されているお客様は、もしものトラブルの時に呼べるレッカーサービスが、

なんと50kmまで無料!

もちろん何度でもご利用頂けます。

更にはガス欠こいても持って来てくれますし、レッカー後の交通費も負担してもらえます。





c0210640_2137470.jpg

コレ、伸ばしたらコンテナよりデッカイじゃないスか(笑)

こんな立派なレッカー車にバイク1台ってのは・・

非常にゴージャスな気分ですね。

ま、宣伝でも何でも無くて、やっぱりこういうサービスに加入してると気持ちが楽チンですよね。不安無く出掛けられますです。

初めてのハーレーだったり、旧車だったり、「なんで止まった!?」的な状況から離脱するには相当な経験値が必要なのです。

ボスのように表参道でヘッドガスケット交換したり、高速のインターでオイルポンプ全バラにしたりとか、普通はムリですから・・・(笑)

純粋に楽しむために、こういうサービス付帯の任意保険っていうのは有難いなぁと。





c0210640_2137656.jpg

で、最初のバイクに戻りますが、時折鳴る異音の正体見つけたり!

タペットローラーがガッタガタです。

打ち替えて再利用。

完全に砕ける前で良かった!



c0210640_213792.jpg
コレ程度イイですね・・・

いろんなとこが手付かずの大自然(笑)

ピストンSTDだしバルブも純正。

何度かバラしてガスケット換えたりした痕跡はありますが、まだまだこういう素性の良いバイクはあるんですね。

ちょっと感動しました。




c0210640_21371186.jpg

ちょこっとアドバイス。

ここのデルタ地帯(笑)

ピニオンギヤとカムギヤとブリーザーバルブギヤ。

3人が良い関係で居てくれないと、コツコツと異音が出ます。

静かなエンジンは、カムを斜め左下に押し下げようとした時、ビシっとしてます。

音が出るエンジンは、ちょこっとカタカタします。

ピニオンギヤとカムギヤには数種類の大きさがありまして、それぞれ色分けされているんですが・・・

青いの見えますか?

ギヤの大きさを合わせてキツくなくガタが無いようにしなければなりません。

もちろん、カムカバー側のブッシュがしっかりとしていること、ロッカーアームのブッシュがガタって無いこと、更にはタペット調整がキッチリしていることが前提ですが。

稀に、ピニオンシャフトのベアリングレース(クランクケースに鋳込んであるもの)が動いてるモノがあったりして・・・。

ピニオンシャフト持って上下に振ると、動いちゃうモノがそれなんですが。

こうなるとケースご臨終な場合が多いので、よーくチェック。

レース以前にケースベアリングがガタでも音出ますよ~。

ホラ、めちゃくちゃあるんです。チェック項目。

任せて安心、LWE!


[PR]
by lwe31x | 2013-06-04 21:36 | Information
<< Overflow. Fine Maintenance. >>