Clutch Convert Kit.

c0210640_22371060.jpg
いつか行こうと思っていた近所のベトナム料理屋が潰れてしまい、

傷心の35歳、Noriです。

さて、本日はコチラのバーネットさんを組み込んでみようと思います。

みんな困っているアイアンスポーツのクラッチです。

しかも乾式の年式。

頻繁にバラして掃除してやれば良いのですが、ホントに頻繁なモンで・・・。




c0210640_22371446.jpg
今回は湿式にコンバート。

えっ?出来るの?出来ます。

まずは組む前に、プライマリーオイルに2~3分浸して、キレイなウエスで拭き取れと書いてあります。

この時に、化学合成のオイルを使うなと。

「滑っちゃうよ」と記載があります通り、滑ります。

「そうか、だからボクのクラッチも滑るのか!」とご納得のところ恐れ入りますが、

切れないクラッチを何とかしようとレバーがパンパンになるまで張ってるアナタ。

そっちが原因です。ちゃんと調整と診断の出来るバイク屋さんに行って下さい。




c0210640_2237189.jpg

さあ、今回の患者様、有名な短いバイクです(笑)

どこまでも自走で出掛けるオーナー様のガッツと、徹底的な「ヤレ加工」に人気急上昇中。

軽くパクったよく似たアイアンスポーツ、最近多く見かけます。

エンジン&ミッションも素晴らしく、あとはこのクラッチを何とかして~という状況に、

チームLWEが動きました。






c0210640_22372132.jpg

ホイールベース短いので、リフト余ってます(笑)



c0210640_22372555.jpg

さあ、注目の乾式クラッチ!どうなってんの?

・・・って、ナニコレ?

ハイ。通常、ミッションとクラッチは同じ部屋になっておりまして、ミッションのギヤ類とプライマリーチェーンは同一のオイルにて潤滑されています。

でも乾式でしょ?と言う事で、この丸いフタ。

そうです。フタしてオイルが入らないようにしてるのです。

へぇ~!すごーい!




c0210640_22373025.jpg

オイ!

オイル入ってんじゃねぇか!(笑)

そうです。表はガスケットで密封されていますが、だいたい裏のベアリング側からオイル入ります・・・

そりゃ切れなくなるワケです。

これを頻繁に洗って乾かして、最初はイイんだけどすぐにまた切れづらくなって・・・

自分でヤル人はいいのですが(良くないか・・)これじゃお金かかって仕方ないです。



c0210640_22373486.jpg

ハイ、フタも外してプライマリーオイルが入るようにしました。

どーせオイルに浸るなら、湿式にコンバート。

ググれば「クラッチ超重くなった」とか酷評が目立ちますが、そりゃそのまま組んでるからです。

LWEは一味違いまして、とても良いタッチ。

女性の方にも「クラッチ超軽い!Noriさんみたい!」と好評です。

まずはご相談下さいませ。

[PR]
by lwe31x | 2013-05-08 22:37 | Information
<< Electric... Smoky Back. >>