Rice.

c0210640_23282125.jpg
おいーーーーース!!

真・中華弁当!



うん。お母さんごめん。また食っちゃったよ。

今回は「ご飯が勝手に増える様子」をカメラに収めることに成功。

これがその写真です。何か上空から湧き出るようなカタチでご飯が増えてます。

発見!LWEの奥地に、真の中華弁当は存在した!

ハイ。ブログはじめます。





c0210640_23282443.jpg

焼いたらアルミも食えるんじゃないかみたいな、そんな夜。

アルミは温めると大っきくなるんだゾ。

各所に圧入されている鉄のレース等を抜く時、または入れる時は、アルミに唾を( ゚д゚)、ペッと吐いたらコロコロと転がるくらいに温めましょう。

汚い?しっ、仕方ないじゃないか!

しかし弊社、非接触レーザー温度計を完備しております(えっ・・)。

LWEに夏でもストーブがあるのはいろんな部品を温めるためなんですね。。


コレ、このストーブで餅とか焼いてますけども、ちゃんとキレイにしてるので勧められても露骨にやな顔しないでくださいね(笑)





c0210640_23282777.jpg

でかっ。

どちらもローギヤ。つまり1速です。

スーパー・クロスレシオのギヤを注文してみました。

ノーマルFLの3.00から、2.24へ。

ハーレーって1速がすぐに吹け切っちゃうじゃないですか。

あっ、もうクラッチ切ってぇ、2速に入れてぇ・・・ってやってる間にスクーターに抜かれるんですよ。

なんかものすごい腹立つ時あるんですよね。

チャリンコで言うところの、「なんかすっごい軽いギヤでシャカシャカ漕いでる子供」みたいな感じですよ。

通常、もうちょっと小さめなトコがベストだと思うんですが、

「どうせ食うなら大盛りで」みたいな例の思考回路が働きまして。

良く相談されますのが、「もっと高速道路で回転を抑えたい」っていう悩み。

これはトップギヤの話なので、スプロケットの丁数をイジる事で改善されます。

しかし「ゼロヨンで負けたくない」的なハナシになると、これはギヤを変えて行く事になりますです。

例えば峠で、「3速だとノッキングしそうだけども、2速に落とすとグーーーンとエンブレ効いちゃって何コレどうする!?どうする!?あっ!3速抜けた!」という悩みからも解消される事になります。

僕ら日本人は、走り出したらトップギヤまでかき上げて、そのままフリーウェイで500マイルとかいう乗り方しませんよね?

信号待ちの度にクラッチ切って、ツーリング行けばダートもあれば登り坂もあるし。

レアパーツやオリジナルペイントはオーナー様にお任せしますが、信号青で遠ざかるパンヘッドに「僕のは何でこんなに遅いんだ!」と嘆く旧車乗りのお手伝いが出来れば幸いです。

何でもご相談下さい。

写真少なくてすみません・・・。

では、花の金曜日、ご来店お待ち申し上げております。




[PR]
by lwe31x | 2013-04-04 23:28 | Information
<< The Calm Before... After The Rain. >>