Easter.

c0210640_22282175.jpg
LWEの片隅に放置されていたパンヘッドのトランスミッション。

汚い・・・・。

その昔、LWEというお店でオーバーホールしてもらって(笑)、4~5万キロくらい走ったでしょうか。

思えばあの日、遅刻しそうなNoriは、前日の雨で完全に張り付いたクラッチをそのままに、

とりあえず出勤したのでした。

そのうちクラッチ板は剥がれるだろうとタカをくくってたんですが。

ものの見事に張り付いたクラッチは、一向に切れませんでした。

少し急な登り坂の途中で信号に捕まるも、ノンロッカーのクラッチは切れません。

「ニュートラルに入れなければ」と、焦ってシフターをガチャガチャいじるも、

全く剥がれないクラッチ。

まぁ、壊したワケですよ・・。

「壊す前にクラッチをバラしゃいいじゃん」といろんな方に言われます。

へへぇ~その通りで御座います~m(_ _)m





c0210640_22282446.jpg
フタを開けると、コレすごいな。

パッと見ただけでシフターフォークが曲がってるのを確認出来ます。

ニュートラルを出そうと、力任せにチェンジしてたら曲がっちゃいました・・・。

ローギヤに入れようとすると、「ガラガラガラ!」と噛み合わない。

半泣き2速発進で店に到着。

こりゃバラさねばと思いつつも、忙しさにかまけて放置プレー。

しかし、復活の時が来たようです。





c0210640_22282731.jpg

超曲がってね?

西友じゃね?的な曲がりにボクもビックリ。

ハーレーはシフターフォーク曲がりやすいです。

トライアンフは鋳物だと、Y田さんが教えてくれました。むう・・・。

ムリにシフトしちゃダメ!って事で(笑)




c0210640_22282913.jpg

コレ!

この部品さえ交換すれば、また走れるようになります。

さすがLWEさん、4万走ろうが5万走ろうが問題なし。

各部ブッシュは相応に減っておりますが、まだまだ行けるぜ!的な状態に感激です。

が。

そのまま・・・

組むのは・・・

メカニック的に納得行かなくね?

というワケで、Evo祭りの熱も冷めやらぬまま、

ミッション改造計画スタート。

日々のブログに混ぜて、たまにアップします(笑)

[PR]
by lwe31x | 2013-03-31 22:28 | Information
<< Wonderful Indian. Cold Day. >>