Valves.

c0210640_2134835.jpg




「おいーーーーース!!!」


c0210640_2119119.jpg

左は約4万キロ走行の、バルブステムシールが終了したインテークバルブ。

右はそれをサンドブラストでキレイにしたもの。

一目瞭然、気持ちが良いですね。

しかしこの真っ黒いのを噛み込んでしまっているため、

バルブのフェイス(当たるところのナナメ部分)には、

ボコボコと凹凸があります。

これ、「おうとつ」っていうのは漢字なんですか?

象形そのまんまみたいな「進化してない漢字、むしろ化石」的な感じで好きです。

おいーーーーース!!




c0210640_2119419.jpg
おいーーーーース!

到着しましたァ!

黄色い看板の素敵なお店。

緑が丘遠征であります。

練習試合的な感じであります。




c0210640_2119771.jpg
今日の日替わりランチは

肉ニラ炒め定食です。

それを大盛りにして、更に半ラーメンを追加。

一気に行かないと満腹中枢が働き始めるので危険です。

なら普通盛りでいいじゃないか・・・。おいーース。




c0210640_2119961.jpg
とか言ってる間にバルブフェイスのグラインドが完了。

カーボンを噛み込んだ凹凸が無くなるのと同時に、

ステムシャフトを軸としてキチンと芯が出ます。

これは全周で均一に当たることを意味しており、

新品のバルブであっても薄くグラインドすることで、

「加工時の誰かの凡ミス」から逃れる事が可能なのです。おいス。




c0210640_21191141.jpg
Evoのバルブシートは走行距離からしても、サッとカットするだけでOKな場合が多く、

今回は手カットで。

手首が疲れるので、しろくまアイスは欠かせません。

しろくま超うめぇ!




c0210640_21191328.jpg
業者様ご依頼のシャベルも、素敵に仕上がりました。

このヘッドはどのような方が、

どのような場所で走らせるのでしょうか?

オーナー様は素敵な女性の方でしょうか。

出来れば顔写真を送って頂きたいくらい、

自信と誇りをもった仕事をしております。




c0210640_21191661.jpg

ボケちゃって申し訳ないのですが、

こちらも中古、と言ったら聞こえが悪いですが、

今まで使用していたバルブです。

著しくステムシャフトが減っていたり、

何度もフェイスを削られ薄くなったバルブでなければ、

バルブガイドの交換は必須だとしてもバルブは再利用可能です。

排気音も歯切れ良くなって、

めちゃめちゃ気持ちイイですよぉ~。

ヘッドワークもLWEにお任せ下さい。


[PR]
by lwe31x | 2013-03-19 21:17 | Information
<< Tandem. Sold Out. >>