Hello Mr. Austin.

c0210640_23141838.jpg
ラーメン食って元気出して!

ミニカツ丼もあるよ!

そば屋にラーメン頼んで、意外と美味い今日この頃。

だってソバ飽きたんだもの。




c0210640_23142141.jpg
ピュピュッと鳴るので、

ベルト交換致しました。

チーフはベルトでジェネレーター回してます。

意外と早い交換サイクルですが、消耗品ですので・・・。

テンション緩くなると発電不良を起こしたりするので、マメにチェック!





c0210640_23142375.jpg
久々登場、4発インディアン。

1940年式。

ズロローンズロローンと、4発の音がします。当たり前だけど。

エクセルシャー社のウィリアム・ヘンダーソンって人が独立して始めた

ACEって4発のメーカーをINDIANが買収して、その後試行錯誤。









c0210640_23142627.jpg
この年式、排気はサイドバルブ、吸気はプッシュロッドを介しての独特な仕様。

非常に興味深いエンジンです。

以前、お台場で開催されたクールブレイカーに自走で行きましたが、

結構速いです。

駐車場内を乗らせて頂きましたが、車体と乗り味がマッチしないというか、

明らかに4発なんだけど、インディアンのポジションで・・・(笑)







c0210640_23142814.jpg

各部レイアウトに苦心の跡が伺えますね。

マグネトーもカッコイイっす。

ちなみにキックペダルは左側・・・。

でもメチャクチャすぐかかるので心配ご無用。


火花を散らすマグネトーがキャブの真下にあるので、

ちょっと危険な匂いがします(笑)







c0210640_23143141.jpg

っていうか、こんなちっちゃいキャブ1個!?

マニホールド、長っ!

でも美しいのでOK。

なんだろうこの妙なカッコ良さは。




c0210640_23143373.jpg

オーストラリアから来たオースティン君と、

Wiiのマリオをするマリオさん(笑)

早口なのと発音がオージーのそれなので、

Noriは全然聞き取れません・・・(アメリカンにゆっくり話してもらっても理解出来ませんがw)

でもFの付く言葉を発しない、久しぶりの外国人にホッとしたり。

また遊ぼうぜ!






アメリカのバイク好きって、結構なとこまで機械的に理解している気がします。
モチロン乗るのも大好き。
反面、ウェアなんかにはあんまり気を使わないのでしょうか。
でも、何故だかカッコイイ。

正装と言わんばかりの出で立ちで当時を周到した、
謂わば衣装を纏い走るブリティッシュな戦前モデルのライダーも、
持ち前の厳しいルールと高いテクニックをもっていて、とかくカッコ良く見えます。

日本人の、アメリカ製旧式オートバイ乗り達が増える事で、
あんだけ間口広げといて「入って来るな」と言うのは土台ムリな話なんでしょうが、
どうも何というか、まぁ。

ガリガリのアメリカ人が空手着を着て、それ帯の締め方知ってる?みたいなノリです。
更に部屋にはドラゴンボールのフィギュアがあって、「アニメ最高」みたいな、そんなノリです。

踏み込んだキックペダルの回数と、オーバースピードで突っ込んで膨らんだラインの中、
懸命に踏んだリヤブレーキの回数と、倍ぐらいのスピードでブッチギラレタ追い越し車線の左側には、
何か重要な手掛かりがあるのだと信じて止みません。

「ボクが一番上手にガンダムに乗れるんだ」とホワイトベースを飛び出したアムロの気持ち。
2度も殴ってから放った、「それが甘ったれなんだ! 殴られもせずに一人前になったヤツがどこにいるものか!」というブライトさんの言葉。

実は何度もアスファルトに擦り付けられて、それでも笑ってる人たちが居て、
ショーのブースに並んでいても素通りされる彼らのバイクは、
しかし跨る事で一際輝きを増す。
[PR]
by lwe31x | 2013-03-03 23:13 | Information
<< Troubleshooting. Later Adjustment. >>