Later Adjustment.

c0210640_212142.jpg
またまた出動、俺の好きな工具シリーズ!

ネックカップをブチ込むツールです。

キツめのところにブチ込んでゆく感覚が好きです。

で、今回V-Twinのレプリカ・リジットフレームなんですが・・・

コレいつもそのまんま行かないのであります。




c0210640_2121644.jpg
ここの矢印のとこ、

緩いアールになってまして。

わざわざそういう形状にしてるのだとしたら、

ぶっちゃけ余計なお世話的な感じであります。

このままブチ込むと少し浮くんです・・・・。




c0210640_2121834.jpg

ネックのトコ、このように縁を取ってあるんですが、

これが足りてないので引っかかるんですね。

ネックカップが薄~く浮いてたりすると、

精神衛生上良くないですよ。キモチワルイ(笑)

これはもう。

先生ーーー!!先生ーーーーーー!!!



c0210640_21211139.jpg
あとね、ココにも失望。

自分でやるから放っといてくれない?的な。

リヤブレーキのシャフト、絶対そのまま通りません。

こんな長いリーマー無いし、フレーム抱えてホーニングするのも何かおかしいです。

久々リトルウイングに遊びに来たら、Noriさん汗かきながらフレーム持ち上げて

なんか穴に棒通してるとか、引きますよね。


多分、ブッシュ真っ直ぐ入ってないんじゃないかと。

上手い事合わせないとガタっちゃいますので、これは現物合わせかつ、

場合によっちゃシャフト側を削って対処する、

もしくはブッシュ抜いてやり直すか(笑)

何せイライラする箇所であります。

ま、レプリカ・リジットフレームは要加工って事で。




c0210640_21211458.jpg
とりあえず腹が減っては戦が出来ないので食います。

ハンバーガー5個も食うのかと突っ込まれる事、多々あり。

昔、「10個食ったらおごってやる」と先輩に言われ、

完食した記憶があります。

代償として、半年くらいハンバーガー見たくなくなりました。




c0210640_21211625.jpg

お腹もいっぱいになり、

先生がアール付いた部分を旋盤で落としてくれました。

旋盤無いと仕事になりません。




c0210640_21211975.jpg

ビタァァァ、と入りましてございます。

「これはクソだ、使えない」と言うのは簡単ですが、

クソな部分をどう料理するかがプロの腕の見せ所。

いや、クソは料理したくないですね。

クソな部分をどう処理するかがプロの腕の見せ所(笑)

全ては構造と原理を理解してこそ。

これで大丈夫、OKとの判断を下せるのが、プロの責任。

これからも精進して参ります。




P.S.
おさかなマイスター様、ご連絡ありがとうございます。
[PR]
by lwe31x | 2013-03-02 21:20 | Information
<< Hello Mr. Austin. Osakana Meister. >>