Float.

c0210640_21102298.jpg

フロート外したら、アルミのテープを貼りましょう。

ガムテープだとガソリンで溶けて切ない気持ちになります。

これでガソリンを溜めてフロートレベル(油面)を見ることができますね。

まずは油面ありき。

規定値より高ければ濃くなり、低ければ薄くなる。

通常スローは1回転半から2回転開けで落ち着くはずですが、

「ボクのは5回転開けてます」とか、わかりますね?ニードルの長さに間違いが無ければ油面低いです。


※点火タイミングやエンジンの状態等、その他が正常である場合を対象にしております。
例えばブレーキを引きずっていればどんだけ濃くしても薄い症状が出ますし、他に何らかのトラブルを抱えていれば正常なセッティングは出ません。


逆に絞っても絞っても濃い方や、走行中カブるってのは高い可能性アリでございます。








c0210640_21102422.jpg

ハイ。真鍮のフロートです。

中は空洞。継ぎ目からガソリンが侵入し

浮かなくなるトラブルはありますが、

使えるモノは換えなくとも良いでしょう。

最近はいろんな素材のものが売ってますので、

ダメになったらご相談ください。



c0210640_21102799.jpg

そんでガスラインを繋ぎます。

この車両はラバーホースなので楽ちんな感じですが、

パイプであってもストレーナーを介してズラして取り付ける感じで上手く行くハズです。

洗面所で水を使う方もいらっしゃると聞きますが、

ガソリンと水では比重が違います。

ガソリンをフロート取り付け位置と同じ高さで溜めて行うのが良いでしょう。

この時にガソリンの流量もチェック出来ます。

チョロチョロと溜まるのに時間がかかる流量では、

ガソリン消費量が激しい乗り方の時に足りなくなる恐れが。

「この便所、1回流すとなかなか水溜まんないよ」的な、そんな感じです(笑)



c0210640_21103075.jpg

ガソリンが流れ溜まって行き、ちゃんと止まりましたか??

止まらないです溢れて来て、ああ!誰かコックオフれ!!オフれ!!

オーバーフローはこの「止まる」が出来ない子によって引き起こされるので、

ニードルバルブをチェックしましょう。

マニュアルではフロートの縁から1/4インチ下でガソリンが止まればOKとありますが、

実際は少し低めの方が調子良いです。

ちなみになんかフロートが小さく見えるのは、Noriの手がデカいからです・・・。

油面を確実に合わせたら、あとは乗ってセッティング。

まずスロー2回転開けほどで始動、アイドリング高めでスローを調整。

エンジンの回転が一番高くなる場所を探ったら、フィックスジェット付きの74B等は

とりあえずハイスピードニードル半回転開けほどで試乗。

下道で高回転を回すために2速ほどで引っ張り、その状態でハイスピードニードルを絞って行きます。

フィックスジェット付きは全閉でも変化なしの場合が多く、マニュアルにも「閉めてOK」とあります。

問題なければ全閉から半回転ほど開けておけば、薄すぎる危険性を回避できるでしょう。

c0210640_22173793.jpg
フィックスジェット無しのキャブは、ハイスピードニードル全閉では走りません。

まずは止まっている状態でスロットルを煽り、レーシングに追従する場所を探ります。

薄ければキャブからパシュパシュと吹き返し、濃ければモゴモゴと回らず黒煙を吹きます。

あとは同じように乗りながら絞り、減速するまで薄くなる場所を探したら、そこから開けてゆくと

パワーと共に速度が伸びて行きます。

開け過ぎると失速して行くので、また絞り、少し濃い目を目安に、あとは高速道路を走った後などに

必ずプラグをチェックして下さい。

最後にスローを再調整して完了です。

あまりにも「キツネ色」を追い求め過ぎると薄すぎによるトラブルを引き起こしかねません。

良くわからない場合は、迷わずプロに任せましょう。





c0210640_21103269.jpg

気になる昼飯は王将弁当っす。

餃子は追加で(笑)




c0210640_21103526.jpg

さっそく三重の先生よりお便りが届きました。

「松葉くずしってこういうの?」

多分、そういうのです(笑)

ノギー君、やる気満々ですね。







バイクの車種や年式、どこどこでカスタムしたとか、何キロ出るとか、カタログ上のスペックとか
そーいうのも大切だけれど。
詰まる所、乗り手だと。
そういうハナシになりました。

そんなのみんなわかってるし、知ってるし、でもノーマルに毛が生えたみたいなボコボコのバイクで、
でもその仕草やライディングが何故か、何故かカッコイイ人。

ナルシストと呼ばれても結構。バイク乗りは等しくナルシストで、
それは決して恥じるべき事では無いのだと思う。
カッコイイと思ったから、バイクに乗り始めた。

どうやったらカッコ良く乗れるかをいつも探してて、
どうやったらカッコ良く映るのかをいつも考えていて、
自分に惚れると書いて自惚れで、
バカにされてもあの人みたいになりたくて、
下手糞だから、あのコーナーを何キロで曲がれるのかを研究している。

結局、自分は、人間に憧れていたのだ。
カッコイイ男に、憧れていたのだ。

それは、パソコンのモニターには映らない。

みたいな話をしました。

オチ無くてすみませんm(_ _)m
[PR]
by lwe31x | 2013-02-17 21:09 | Information
<< Custom Chief. Too Cold. >>