Only Remaining.

c0210640_22233297.jpg
オイルフィルターが無いINDIANは(リターンラインのエンドに被せるタイプは存在しますが、

オイルの戻りを視覚的に確認しづらいため、あまり使用しません)、タンク内の清掃をこまめに行いましょう。

マグネットにペーパーウェスを巻きつけ輪ゴム等で落ちないようにし、

細かな鉄粉等を取り除くと安心です。





c0210640_2223361.jpg
オイルタンク・ドレンのすぐ下にエンジンがあるので、

このようなオイル交換用トレー(自在に曲がり、カタチを付けられます)を用意すると楽です。

オイルドレンはテーパーネジですので、ガンガン閉め込むとドレンホールを痛める原因になります。

「なんか僕のはガバガバだなぁ」という方は、オイルタンク・キャップを外し上から吸い出すのも手です。

オイル交換後はエンジンを掛け、必ずオイルの戻りを確認してください。

サイドスタンドをかけたままだと、稀にリターンしづらい場合があるのは、

オイルポンプが車体右側に付いている事にも関連性があります。

INDIANはサイドスタンドかけながら暖気するのは禁止にして頂きたいです・・・。






c0210640_22233878.jpg

プライマリーとミッションは通常、後期のモデル以外は繋がっています。

クラッチは湿式ですので、ハーレーで言うところのスポーツスターのようなイメージで差し支えありません。

必ず「鉱物油」を使って下さい。

化学合成油で浸透性の良いものでは、クラッチが滑ります。

ハーレー用プライマリーオイルでOKです。

画像はプライマリードレンが無いタイプ。

まずミッション側のドレンを外す。ミッションケースにもオイルが入っていた事を確認し、次にプライマリードレンを外す。

入れる際はまずプライマリードレンを締め、カバー上部よりプライマリーオイルを入れる。

開けたままのミッションドレンよりオイルが出てくるのを確認し、確実にミッションまでオイルが来ているのを見てからミッションドレンを締める。

あとはレベルチェックホールよりオイルが出てくるレベルまでオイルを入れて完了。






c0210640_22234157.jpg
やはり組みたてはブッシュの削れが多いですね。

エンジンオイル共々、早めのサイクルでオイルを換えた方が良いです。

最近INDIANを扱う店舗が増えてきました。

Noriも実際触るまでは「だいたい同じだろ」とか思ってたんですが、

全然違いました(笑)

構造を理解せずに触れる店があるのも謎ですが、

独自の方法で行う的外れなメンテナンス(とは呼べないと思いますが・・)は、壊す事と同義です。

弊社へのINDIANに対する質問や相談の電話、メールは、毎日絶える事がありません。

変な秘密主義は無いので聞いて頂いて構わないのですが・・・

ちゃんと見てもらいたい方は弊社へお越しください。




c0210640_22234488.jpg
で。

今日はやきそば!

いつもいつもありがとうございます。

今日も美味かったッス!!





c0210640_22234797.jpg

遠目から見ると・・・。

すいません、なんか軽トラと相まって炊き出し感が・・(笑)






c0210640_22235152.jpg

エンジンも無事始動でラストスパート!ですね。

直管2インチ極厚パイプ。ロマンチックな音がしました!

[PR]
by lwe31x | 2012-12-23 22:23 | Information
<< Solenoid. TERA Chan House. >>