Clutch Hub.

c0210640_2318266.jpg

ふむ。

ロックタブ入ってないですね・・

これ忘れちゃうと・・

如何に逆ネジといえども、緩んじゃうと最悪ですよ~~






c0210640_23205097.jpg

入れても爪折らないとダメっすよぉ~

最初に出せっつった割引券を、後で出すみたいな・・

ん?ちょっと違うな。

「割引券が財布に入ったまま出されない」

これだ(笑)





c0210640_23241165.jpg

あっ、くるくるくるくる・・・・

回ります。回ります。回っちゃいけないトコが。

クラッチの掃除、いろんな発見がありますね。

ハブを回すと「キュルキュル」言いますので・・

ここのグリスアップも必要です。





c0210640_23272192.jpg

クラッチハブ・スタッドのカシメツール、

通称「カシ丸君」(ノリ命名)を使い、ポンチでカシメます。

いや、ポンチ。ポ~ン~チ。

ノリブログは下ネタ禁止です。

スタッドに段付きが無いのと、純正だったので・・

カシ丸君、出しました。





c0210640_23312062.jpg

クラッチ板も、洗って乾燥乾燥ゥゥ!!

あとはLWEマル秘調整術で、

スパスパ切れて軽いクラッチの出来上がりです。

構造考えて調整すれば、キチンと切れます。

まずはお越しください。

そんで、作業を見てください。

乗って納得、理解したらアナタにも出来ます。

ショベル以前のクラッチは、頻繁に掃除しましょう!

[PR]
by lwe31x | 2012-08-21 23:38 | Information
<< Leak Down Tester. 1952 EL Panhead... >>