Road Kill.

ふと、前を行くセダンが対向車線を大きく割って何かを避けた。

犬であろうか、猫であろうか。
僕はその動物の事を考えた。

血の色と内臓の色、飛び出した眼球。
もしかしたら、鳥かも知れない。

前方に放置されているであろう「物体」の事を考える。
魂在る有機物を構成するパーツというのは、何故あんなにもグロテスクなのだろう。

鉱物油にまみれたギヤ、ベアリング。
比べるまでもなく僕はこっちの方が好きだ。

しかし比べるように連想したそれは、思考的回避であると、僕は知っていた。

出来れば見たくもないし、連想する事すら避けたい。
誤って乗り上げてしまった時の、あの感触は筆舌に尽くし難い。

前のセダンに続いて僕も大きく「何か」を避ける。
見たくはない。が、横たわっているのは、とても黒いものに見えた。









































































プレステ2かよ(怒)
[PR]
by lwe31x | 2012-07-04 23:31 | Information
<< Valve Guide. Seal Chain. >>