Lunch !

c0210640_15119.jpg




今日の昼飯は・・・。

大岡山駅前の、四川屋台さんの中華弁当!

通常でも大盛りなんですが。

いつも米を分けてもらい(n‘∀‘)η

なんか。

「お母さん!お米が溢れてくるよ!」的な状態に。

四の五の言わずに完食なさい、と。





「四の五の」??



「四の五の言わずに」ってのは、丁半賭博が語源だそうで。

2個のサイコロを振って、丁度の丁に半端の半。

サイコロの合計が偶数なら丁。奇数なら半とする。単純に、当たれば2倍、外れればゼロ。

迷ってないで、さっさと張れ!という事ですね。

これには攻略法があって・・・。

勝つ確率は常に1/2。ということは・・。


まず最初に1万円賭けます。勝ったら勝ち逃げ1万円プラス。

もし負けたら、次は倍の2万円賭ける。

2万円の時点で勝てば4万円返ってくるので…

今まで1+2=3万円賭けたので、1万円プラス。ここで降りる、と。

また負けた!場合は。次に4万円賭けます。

今までの掛け金1+2+4=7万円なので、8万円戻ってプラス1万円。

おお!

勝つまで続ければ、必ず1万円勝てるじゃないか!

これを「マーチンゲール法」というのですが。

なんだ、金持ってるヤツが強いじゃん。

やっぱね、そういうことだよね・・。


ちなみにカジノ用語で言うところの「アンティ」というのは「ショバ代」ですが、日本では古来よりこれを「寺銭」と言います。

隠れて博打を打つ場所は、決まってお寺だったそうで。

ご本尊の前で、まさか賭博が行われていようとは思わないワケですね。

昔から生臭な坊主はいらっしゃったようです。


なんだか切ない今日この頃。

Noriの、「素晴らしき日本語シリーズ」でした・・・。
[PR]
by lwe31x | 2012-06-08 01:48 | Information
<< Repair cracks &... Okonomiyaki. >>